読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療とIoTの現実

医療とIoT市場についての日々の思考。 組込、回路の技術。 作っているIoTデバイスの紹介も。 

ベンチャーと大企業の違い

大企業で働いていると、一緒に働く人のレベルの低さや、資料作りなどの無駄な仕事の多さ、そして動きを遅さを感じて、最近面白そうなwantedlyでベンチャーの募集を見つけては行ってみている。

といっても、HW系のベンチャーは本当に数が少ないので、本当に数個しか募集がないが、実は行ってみると何か違うなと思ったことしかない。

 

ベンチャー=面白そう と行く前は思ったりするのだが、なぜだろうか?

ベンチャーに行けばなんでもできそう と思ってしまうからではないのか?

結局、ベンチャーの経営者と話すと、経営者の下でなんでもいうことを聞いてくれて、手となり足となって動いてくれる人を求めているとわかってしまう。

wantedlyには都合の良いことをいっぱい並べてあって、かっこいい事を書いてあったりするが、結局は上記のことだ。

 

もちろんベンチャーでは、人が足りないために、その指示の中での裁量権の大きさがあるかもしれないが、やはり投資家からお金が投入されてしまったベンチャーではすでに経営者も投資家のいいなりであり、幹部は経営者のいいなりであり、従業員は幹部のいいなりとなる。

結局誰かの下について仕事をする次点で、なんでもできることなどない。

 

しかしその中でも、

なんでもできそうな環境に当たるには、下記の2つの条件が必要だろう。

  • 運良く、自由にやらせてくれることこそが、人財を育てるという考えがあるいい上司、経営者に当たること。ベンチャーだから、大企業だからということはない。ただの運だ。 私は人生で2回こういう人にあたった。今がその2回目だ。
  • その職種、マーケットで、だれが見てもパットみでわかる実績がある人財であり続けること。実績があるからこそ、その人にすべてを任せようという気になるわけだ。

 

さて、長い前置きになったが、このブログはそのために開始する。

今後、本ブログには私の作るプログラムや、私の作品を展示すると、それを作るための同時に技術情報、そして私の業界や日々の出来事に対する思考経過を記録してアピールの一つとする事を目標とする。

 

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...